スコープ3を対象とした取り組み

企業が排出する温室効果ガスは、自社が排出する「スコープ1(自社の工場・オフィス・車両など事業者自らの直接排出)」および「スコープ2(他社から供給された電気などの使用に伴う間接排出)」に加え、自社以外が排出する「スコープ3(原料調達から製品の廃棄等までのサプライチェーンのうち、スコープ1,2以外の間接排出)」に分かれます。総合的に排出削減を進めるため、サプライチェーン全体を考慮し、スコープ3までを対象にした取り組みが広まっています。

株式会社 日立製作所

・バリューチェーンを通じた温室効果ガス排出量を、GHGプロトコロスタンダートに基づき算定し、Scope1、Scope2、Scope3の温室効果ガス排出量をサステナビリティレポートにて公開しています。 ・日立は、その事業特性から、Scope3...

特定非営利活動法人 フォーエヴァーグリーン 

・フードロスに取組んでいます。商品開発、販売までを積極的に実施しています。商品の制作に関しては、福祉事業所との連携を優先的に取り組んでいます。

株式会社 フォーバル

当社は、Scope3のGHG(温室効果ガス)排出量を把握しています。Scope3では、カテゴリ1(購入した製品・サービス)とカテゴリ11(販売した製品の使用)の排出が多く、その排出量の削減を行っていくため、省エネ製品・サービスの購入・販売、...

ブラザー工業株式会社

ブラザーグループでは、スコープ3に関わるGHG排出量を毎年算定し、公開しています。そのうち、全体の約90%のCO2排出量を占めるカテゴリ1、11、12の総量に関して、2030年度までに2015年度比で30%削減することを目標に掲げております...

株式会社 ブリヂストン

ブリヂストングループは、商品のライフサイクル、バリューチェーン全体 を通じた削減促進に向けて、生産におけるCO2排出削減にとどまらず、断トツ商品・サービスによるソリューションにより顧客価値を提供しながら、お客様の使用時、原材料調達、流通、再...

株式会社 ベネッセホールディングス

・第三者認証機関より毎年認証を受けており、スコープ1・2のみならず、スコープ3の各カテゴリにおける排出量を把握しており、弊社サイトで情報公開をしています。 対象カテゴリーは以下の通り。 カテゴリー1(購入した製品・サービス)、2(資本財)、...

株式会社 ポーラ・オルビスホールディングス

スコープ3における温室効果ガスの排出量を把握しています。 洗顔やシャンプーをお客さまが使用する際に、湯沸かし器でつくるぬるま湯やドライヤーにより排出される量が全体に占める構成比として大きいので、すすぎの回数を減らしたり、ドライヤーする時間を...

マクセルホールディングス株式会社

スコープ3の各カテゴリーにおける排出量を把握しています。 カテゴリー11(販売した製品の使用時)が一番大きいので、省エネ設計を設計開発部門にお願いしています。

株式会社 丸井グループ

≪スコープ3の算定≫ 丸井グループでは、スコープ3(原材料の調達から生産、廃棄にわたるサプライチェーン全体における温室効果ガスの排出)を算定しています。継続的に推移を確認し、削減ポイントの把握をおこなうとともに、算定値の精度を向上しています...

【 該当件数:92件 】

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)