森林・土地利用・農業等の自然環境を対象とした取り組み

森林などの自然環境には、CO2を吸収する働きがあります。こうした自然環境を適正に利用し管理することは、CO2排出の削減に効果を発揮します。森林減少の防止や土地利用の変化、また農業の工夫などを通じて直接的にCO2排出量の削減に貢献するほか、事業活動に必要な製品の調達を、自然環境を減少・破壊させない方法に変えることで間接的に貢献することもできます。

一般社団法人 Earth Company

① 支援事業では、森林・土地利用・農業に関する取り組みにもコミットする起業家を支援しています。 ・ベラ・ガルヨス:東ティモールで環境学校・エコツーリズム宿泊施設を運営、自然と共存しながら発展する新しい経済モデルへと導く次世代リーダーを育成し...

アース製薬株式会社

当社のマテリアリティの1つとし持続可能な調達の推進があります。 その中の取り組みとしてFSC森林認証紙などの森林認証紙の使用率向上を目指し取り組んでします。 森林認証紙の使用率のKPI ・使用比率を10%以上(2023年) ・使用比率を30...

RWE Renewables Japan

木材をエネルギーとして利用する際には、植物が成長過程で取り込んだ分のCO2しか発生しません。RWEの木質バイオマス発電所では、残材を利用して発電しています。森の中の木や、古い家具などの古材が適しており、森林資源の循環活用、山林の整備に貢献し...

アイ‐コンポロジー株式会社

間伐材などの未利用バイオマスをバイオマス複合プラスチック材料の原材料として有効活用することにより、森林整備や林地残材の解消に貢献します。

赤木海事綜合法律事務所 

・当事務所の赤木文生弁護士は、気候変動対策として、地道な活動ではありますが、何度か植樹活動に参加した経験があります。

特定非営利活動法人 アクト川崎

都市の中の農地、緑地の保全、活用を通じて、温室効果ガス削減への取り組みを呼びかけている。

荒川化学工業株式会社

アカマツの森の再生を目指す「マツタロウの森」プロジェクト 岡山県矢掛町の4.3ヘクタールの町有林に、2016年から約10年の歳月をかけて、約1万本のアカマツを植栽し、SDGs15(陸の豊かさも守ろう)にもつながることを意識しながら、人と松が...

株式会社 ウェイバック

森林・土地利用・農業等を対象とした取り組みにコミットする

一般社団法人 ウッドマイルズフォーラム

循環資源である木材の普及、木材の伐採時点の森林の管理水準の消費者からの見える化に資するため、木材の環境性能に関係するウッドマイルズ指標の開発普及に取り組んでいる

【 該当件数:86件 】

1 2 3 10

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)