気候変動に関する情報開示の推進

世界経済が脱炭素化に向けた動きを強めている中、気候変動が起こすリスクや機会の重大性は、国際的にもますます認識が高まっています。これらのリスクや機会が企業の財務に及ぼす影響を、金融機関や投資家が適切に評価し、気候変動対策に資する投資判断を促すためには、企業からの情報開示が欠かせません。このような背景のもと、企業の気候変動に関する情報開示を推進する動きが、世界的に活発化しています。

一般社団法人Earth Company

③コンサルティング事業では、Operation Green プロジェクト企業からの気候変動に関する情報開示を推進しています。

H.U.グループホールディングス株式会社

・公式ウェブサイトのESGデータや統合報告書などで気候変動対策や過去の実績について情報開示しています。 ・CDPの質問票に2019年に初めて回答し、C評価を得ました。

株式会社エコ・プラン

近い将来、情報開示にも取り組んでまいります。

エコワークス株式会社

①SDGsへの取組みをウェブサイトにて発信 1.  ゴール13(気候変動に具体的な対策を)についての取り組みを自社のホームページにて紹介 2.ニュースリリース発信 ②ZEHビルダー評価制度にて、最高レベルの5つ星評価を取得 ZEHビルダー評...

株式会社エッジ・インターナショナル

・2019年、TCFDに署名しています ・2019年、TCFDコンソーシアムに参画しています

近江八幡市

・「環境報告書」を毎年度作成・公表しており、本市の環境保全に対する取組や、その実績について情報開示している。

株式会社大川印刷

CSRレポートは、2009年から発行しています。

沖電気工業株式会社

・統合報告書「OKIレポート」、「環境への取り組み」をホームページ上で公開しています。 ・CDPの気候変動質問書に回答しております。 ・2019年5月にTCFD提言への賛同を表明し、提言に沿った情報開示・発信を行うとともに、環境と経済の好循...

株式会社 梶原鉄工所

気候変動に関する情報開示については社内の体制がまだ社内で確立されていない。今後、社内で体制を整備するとともに、開示すべき内容について精査し、情報開示できる体制を推進する。

【 該当件数:55件 】

1 2 3 7

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)