気候変動対策の短中長期の目標

脱炭素化社会の早期実現に向け、気候変動対策を着実かつ効率的に進めていくためには、将来の具体的なビジョンや数値目標を持つことはとても重要です。Science Based Targets(SBT:パリ協定が掲げる2℃目標と科学的に整合した気候変動対策の目標を持つ、または持つことをコミットした企業の国際イニシアティブ)への参加をはじめ、多くの非国家アクターが短中長期的な目標を持ち、確実な気候変動対策を進めることに取り組んでいます。

一般社団法人 Earth Company

③コンサルティング事業では、Operation Green プロジェクトにて企業がより手軽に取り組める「オフィスからできるエコ」を推進しています。Webサイトやイベント・勉強会を通じて情報を発信し、サステナブル経営に本気な企業同士が学び合え...

RWE Renewables Japan

RWEの2040年までにカーボンニュートラル達成という「科学的根拠に基づく目標」は、2019年の新生RWEのために計算されたGas Emission Inventory & Calculation Methodology 2019に...

アイ‐コンポロジー株式会社

我が国では2019年5月に「プラスチック資源循環戦略」が発表されましたが、これらの対策はCO2の削減につながるものとなっています。 この中で、2030年までにバイオマスプラスチックを約200万トン導入するとの方針が示されており、この方策の一...

株式会社 ウェイストボックス

・SBT認定取得済(スコープ1,2を2030年に2018年比50%削減、スコープ3排出量の把握と削減に取り組むことを約束)

ウォータースタンド株式会社

30億本の使い捨てプラスチックボトルを削減した場合、排出CO2量(推計値)=24万t-CO2が抑制できると推計されます。 これは、2013年度から2030年度の国内におけるCO2排出削減量の目標3億8百万t-CO2のうち0.078%に過ぎま...

一般社団法人 ウッドマイルズフォーラム

化石資源に頼らない循環社会にむけた重要な資源である木材の特に地域材の環境性能を普及するため、木材の輸送過程の二酸化炭素排出量など等を含む指標を開発普及することを事業の中心にかかげ、脱炭素社会の早期実現をに寄与することが団体の基盤となっている

エーザイ株式会社

・SBT2℃目標達成に向けた着実なGHG排出削減 ・2024年度までにSBT1.5℃目標への更新 ・2030年度までに事業活動に使用する電力をすべて再生可能エネルギー に切り替える(RE100の達成) ・新技術を積極的に導入し、化石燃料の使...

H.U.グループホールディングス株式会社

・短中長期の削減目標を有しており、経年的に削減対応を行っています。

一般社団法人 エコエネ技術士ネット

地域の自治体、事業者、団体の取り組む気候変動対策の短中長期目標作成及びその具体的活動を支援する。

【 該当件数:95件 】

1 2 3 11

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)