スコープ3を対象とした取り組み

企業が排出する温室効果ガスは、自社が排出する「スコープ1(自社の工場・オフィス・車両など事業者自らの直接排出)」および「スコープ2(他社から供給された電気などの使用に伴う間接排出)」に加え、自社以外が排出する「スコープ3(原料調達から製品の廃棄等までのサプライチェーンのうち、スコープ1,2以外の間接排出)」に分かれます。総合的に排出削減を進めるため、サプライチェーン全体を考慮し、スコープ3までを対象にした取り組みが広まっています。

一般社団法人Earth Company

コンサルティング事業では、Operation green プロジェクトにて企業がより手軽に取り組める「オフィスからできるエコ」を推進しています。Webサイトやイベント・勉強会を通じて情報を発信し、サステナブル経営に本気な企業同士が学び合える...

株式会社エコ・プラン

2019年中小企業向けSBT・再エネ100%目標設定支援事業(環境省)を通して、scope1,2,3の算出と、温室効果ガス排出量を把握し、削減目標を設定してまいります。

エコワークス株式会社

①ZEH、LCCM住宅の販売によるスコープ3カテゴリ11への貢献 1.ZEHについては、2017年に平均ZEH率104%の実績となり、国の2030年目標を達成済み。2018年の平均ZEH率は、134%。 2.LCCM住宅については、2030...

近江八幡市

・「グリーン購入運用マニュアル」を策定し、環境負荷が少ない製品の購入、購入量の適正化を促進していることに加え、リサイクルや分別廃棄を徹底している。

株式会社大川印刷

Scope3カテゴリ1: 2030年に2017年比で100%削減 (サプライヤーとの連携により、各社の再エネ電力(㈱みんな電力)の使用推進、印刷用紙のリサイクル推進等に取り組む。)

神奈川県

神奈川県グリーン購入基本方針に基づき、環境や社会、将来世代への負荷が大きくならないよう、資源採取、製造、流通、使用、リサイクル、廃棄の製品ライフサイクル全体を視野に入れて物品やサービスを購入しています。

川崎市

川崎の特徴である環境技術・環境産業を活かし、川崎国際環境技術展などの展示会、イベント等を通じて、低CO2川崎ブランドなどの地球温暖化対策等に資する製品・技術等の普及とともに、事業者との協働による環境分野における新たな事業化アイデア獲得などを...

株式会社クボタ

クボタグループは、バリューチェーンの各段階におけるCO2排出量の算定に取り組んでいます。 「気候変動への対応」スコープ3の詳細はこちら バリューチェーンにおけるCO2排出量の8割以上は、製品の使用時に排出されています。これを受け、製品の低燃...

一般社団法人くまお

・製品の低炭素化を通じて家庭部門の排出削減に取り組んでいる

【 該当件数:35件 】

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)