再生可能エネルギー利用の推進

再生可能エネルギーの使用割合を増やすことは、温室効果ガスの排出量を減らすことのできる確実な取組です。太陽光パネル等を導入して自ら再生可能エネルギーを発電したり、購入する電力をできる限り自然エネルギー由来に変えていくなど、積極的な推進が、脱炭素化に大きく近づくカギとなります。RE100(自然エネルギー100%にコミットする企業の国際イニシアティブ)をはじめ、再生可能エネルギー利用を推進する国際的な動きも活発になってきています。

一般社団法人 Earth Company

新事業としてインドネシアのバリ島ウブドにて運営しているエコホテルMana Earthly Paradise(日本語)では、ソラー発電を活用しています。

アース製薬株式会社

当社のマテリアリティの1つとして気候変動への対応があります。 その中の取り組みとして電力の再生可能エネルギーへの転換を含んでおり目標に向けて進めています。 電力の再生可能エネルギー化のKPI ・工場の再エネ化 【再エネ率60%】(2023年...

RWE Renewables Japan

RWE Renewablesは世界屈指の再生可能エネルギー会社として、2040年までにカーボンニュートラルになることを目標としており、電力生産に伴うCO2の年間排出量を2030年までには、少なくとも75%削減する予定です。また、グリーン水素...

アイ‐コンポロジー株式会社

原材料となるバイオマス粉が入手しやすい中山間地域において、バイオマス発電などから得られる再生可能エネルギーをバイオマス複合プラスチック材料の製造に活用する炭素循環プロセスの社会実装をめざし、自治体との協働を検討しています。

株式会社 アイル

当社は再生可能エネルギーの使用を積極的に推進しています。 2022年4月~名古屋支店 2022年9月~大阪本社 を順次再生可能エネルギー由来電力に切り替えております。 2023年8月より東京本社の切り替えも予定しております。

赤木海事綜合法律事務所 

・当事務所の赤木潤子弁護士は、再生可能エネルギーに関する研究会に出席し、再生可能エネルギーに関わるリスクにつき知見を深めるとともに、再生可能エネルギー普及のため必要な法的問題点につき、検討を始めつつあります。

特定非営利活動法人 アクト川崎

パートナーシップを組む諸団体と再生可能エネルギー導入を推進するとともに、電力利用者である市民に対して、再生可能エネルギーを販売している電力会社利用を呼びかけている。

株式会社 アドライト

2030年に自社の再エネ率100%達成を目標に活動しています

荒川化学工業株式会社

再生可能エネルギー電力の導入を進めています。太陽光発電設備は、大阪工場、富士工場、水島工場、小名浜工場で設置しています。2022年度は連結子会社である高圧化学工業株式会社にも設置しました。また、再エネ電気の購入も積極的に進めています。202...

【 該当件数:137件 】

1 2 3 16

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)