適応対策およびレジリエンスの向上

気候変動は、農作物への影響や自然災害の増加、熱中症などの健康への影響など、私たちを取り巻く環境に様々な影響を及ぼします。温室効果ガスを削減によっても避けられない、こうした気候変動の脅威に適応するための対策を行い、社会のレジリエンスを高めることは、温室効果ガスの排出削減のための緩和策と並ぶ、気候変動対策のもう一つの大きな柱です。

川崎市

気候変動適応策や、気候変動に関する科学的な情報の収集・提供を行い、市民が安全で健康に暮らせるまちの形成を推進します。

京都市

平成31年3月に,「京都市レジリエンス戦略」を策定し,重点的取組分野として,「環境にやさしいまち」,「災害に強いまち」を掲げ,魅力と活気に満ちた都市(=レジリエント・シティ)の実現に向けた取組を進めています。 また,適応策の更なる推進を図る...

株式会社 クボタ

クボタグループでは、温室効果ガスの排出削減に加えて、気候変動への影響による被害の回避・軽減に繋がる適応策を進めています。 拠点では、策定したBCPや災害対応マニュアルに基づき、防災訓練の実施やゲリラ豪雨対策の排水ポンプ設置 等を進めています...

合同会社 グリーンネッツ

地域自治体・組織団体と連携し、地域の気候変動適応の求められる自然災害の増加、熱中症などの健康への影響などへのリスク評価と対応についての啓蒙や支援を行う。

株式会社 CrossR

従業員や取引先企業と共に、気候変動への脅威に対するレジリエンスを高める活動を実施していく。

株式会社 クロスフォー

・地元自治会、甲府市と3者協定を締結し、災害時の緊急避難場所として社屋を無償で提供している。 ・社員や取引先企業、地域住民等のステークホルダーと協調し、地球温暖化対策に積極的に取り組み、レジリエンスを高める活動を実施していく。

国際航業株式会社

・民間事業者の気候変動適応策推進のための調査業務を行い、環境省が2019年3月公表した「民間企業の気候変動適応ガイド-気候リスクに備え、勝ち残るために-」の作成に寄与した。

一般社団法人 CDP Worldwide-Japan

CDPでは、水セキュリティ質問書を2008年から企業に送付しています。

滋賀県

○2019年1月に法に基づく「滋賀県気候変動適応センター」立ち上げました。 ○気候の将来予測や気候変動影響に関する情報集や分析を進め、関連する試験研究の実施や適応策の検討に繋げていきます。 ○現在の取組み ・夏の暑さに強い新しい米品種「みず...

【 該当件数:61件 】

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)