気候変動に関する情報開示の推進

世界経済が脱炭素化に向けた動きを強めている中、気候変動が起こすリスクや機会の重大性は、国際的にもますます認識が高まっています。これらのリスクや機会が企業の財務に及ぼす影響を、金融機関や投資家が適切に評価し、気候変動対策に資する投資判断を促すためには、企業からの情報開示が欠かせません。このような背景のもと、企業の気候変動に関する情報開示を推進する動きが、世界的に活発化しています。

りんかい日産建設株式会社

弊社ではりんかい日産建設サステナビリティサイトをオープンし、気候変動への取り組みに関する情報開示を積極的に行っていこうと考えています。

レンゴー株式会社

・「サステナビリティレポート」やWebサイトを通じて、気候変動対策に関する情報を開示しています。開示データの信頼性を確保するために、化石エネルギー投入量および化石エネルギー起源CO2排出量、スコープ1,2排出量およびスコープ3排出量(うちカ...

【 該当件数:92件 】

1 9 10 11

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)