森林・土地利用・農業等の自然環境を対象とした取り組み

森林などの自然環境には、CO2を吸収する働きがあります。こうした自然環境を適正に利用し管理することは、CO2排出の削減に効果を発揮します。森林減少の防止や土地利用の変化、また農業の工夫などを通じて直接的にCO2排出量の削減に貢献するほか、事業活動に必要な製品の調達を、自然環境を減少・破壊させない方法に変えることで間接的に貢献することもできます。

東京都

自然地を一定規模以上含む敷地に建築物の新築等を行う場合、基準に適合した緑地の確保や既存樹木の保護の検討などを開発者に義務付けています。 一定面積以上の建築物の新築・増改築等を行う際に、緑化計画書の届出を義務付けることで、新たな緑の創出を促進...

株式会社 東芝

・「愛知目標」の中で事業と関連の強い項目に対する活動を、グローバル63拠点で推進しています。 ・2019年度は、海外での雑草駆除による侵略的外来種対策、生物多様性の保全をめざした魚類の放流、日本国内での絶滅危惧種ウンラン自生地での植生マップ...

豊中市

・森林環境保全に関する自治体間連携協定に基づく、森林の整備や木材の活用

株式会社 日清製粉グループ本社

日清製粉グループの事業や製品にとって自然の恵みは欠くことのできないものです。将来にわたって自然の恵みが人々の健康で豊かな生活づくりの支えになることを願い、北海道厚岸郡浜中町にある霧多布湿原の保全活動を行っている認定NPO法人霧多布湿原ナショ...

日本郵船株式会社

・植樹活動の取組

日本生活協同組合連合会

CO2の大切な吸収源である森林を持続可能なかたちで利用するため、PBであるCO・OP商品において、FSC認証を得た商品の開発と販売拡大に努めています。

日本プラスト株式会社

生物多様性に与える影響を適切に把握し、環境保全と自然共生社会への貢献を目標に掲げ、取組を推進しております。行政やNPOなどと協定を結び、森林の清掃活動や外来種除去活動を行っています。

農林中央金庫

【林業と地域の持続的発展を支える農中森力基金】 国土の7 割が森で覆われる日本。森林は、農林水産業の持続的発展に不可欠であるほか、地球温暖化の抑制や水源の涵養など多面的な機能を評価されています。しかし、国内の森林の4 割は主に戦後に植林され...

株式会社 野村総合研究所

NRIが支援する「ただみ豪雪林業 体験・観察の森」で、有志の社員を募り、毎年、ボランティアでの森林整備活動を行っています。この活動は社員向けの環境教育活動の一環にもなっています。

【 該当件数:80件 】

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)