森林・土地利用・農業等の自然環境を対象とした取り組み

森林などの自然環境には、CO2を吸収する働きがあります。こうした自然環境を適正に利用し管理することは、CO2排出の削減に効果を発揮します。森林減少の防止や土地利用の変化、また農業の工夫などを通じて直接的にCO2排出量の削減に貢献するほか、事業活動に必要な製品の調達を、自然環境を減少・破壊させない方法に変えることで間接的に貢献することもできます。

日本プラスト株式会社

生物多様性に与える影響を適切に把握し、環境保全と自然共生社会への貢献を目標に掲げ、取組を推進しております。行政やNPOなどと協定を結び、森林の清掃活動や外来種除去活動を行っています。

農林中央金庫

【林業と地域の持続的発展を支える農中森力基金】 国土の7 割が森で覆われる日本。森林は、農林水産業の持続的発展に不可欠であるほか、地球温暖化の抑制や水源の涵養など多面的な機能を評価されています。しかし、国内の森林の4 割は主に戦後に植林され...

株式会社 野村総合研究所

NRIが支援する「ただみ豪雪林業 体験・観察の森」で、有志の社員を募り、毎年、ボランティアでの森林整備活動を行っています。この活動は社員向けの環境教育活動の一環にもなっています。

パタゴニア日本支社

ROC認証制度: リジェネレイティブ・オーガニック・サーティフィケーション(環境再生型オーガニック認証/ROC)を活用し、当社のアパレル用繊維原料となるコットンの栽培、およびパタゴニア・プロビジョン用の食材の栽培法として環境再生型有機農業を...

パナソニック株式会社

当社は事業活動が生物多様性に与える影響を適切に把握し、その保全に貢献するという目標を掲げ、自治体や環境NGO、専門機関と連携して取り組みを推進しています。具体的には、生物多様性保全を事業へ落とし込んだ取り組みとして推進するため、土地利用・調...

株式会社 ビジネスブレイン太田昭和

当社の作成する書類の一部において、FSC認証の紙を使用しております。

株式会社 日立製作所

・自然共生社会をめざすために、自然資本へのインパクトを最小化する目標を策定し推進しています。自然資本へのインパクトは、温室効果ガス、資源利用が多いため、この負荷低減をめざします。 ・ITエコ実験村などで、地域の自然保全に向けた取り組みを行っ...

株式会社 ブリヂストン

ブリヂストンは2010年1月から森林整備活動「エコピアの森」プロジェクトを行っています。 工場など国内事業拠点の周辺に森林整備区域「エコピアの森」を設け、間伐などの森林保全活動を推進しています。 具体的には、間伐などの森林整備を行うことで、...

株式会社 ブルークレール

毎年、事業活動で得た利益の一部を、白神山地の維持保全を目的とした団体に寄付いたしております。

【 該当件数:73件 】

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)