森林・土地利用・農業等の自然環境を対象とした取り組み

森林などの自然環境には、CO2を吸収する働きがあります。こうした自然環境を適正に利用し管理することは、CO2排出の削減に効果を発揮します。森林減少の防止や土地利用の変化、また農業の工夫などを通じて直接的にCO2排出量の削減に貢献するほか、事業活動に必要な製品の調達を、自然環境を減少・破壊させない方法に変えることで間接的に貢献することもできます。

山田建設株式会社

使用済のコピー用紙をアップサイクルし、封筒や名刺用紙などに利用することにより、紙資源の利用量削減に取り組んでいます。

ユニ・チャーム株式会社

●当社の主要商品に含まれる吸収体を構成する紙・パルプは針葉樹から生産され、ペットフードに少量添加されるパーム油は熱帯のプランテーションで生産されています。これらの森林由来資源について、持続可能性に配慮された認証材を利用することが重要であると...

株式会社 横浜環境デザイン

太陽光を発電と農業でシェアするソーラーシェアリングの普及をおこなっています。

りんかい日産建設株式会社

弊社では自然環境保全のための環境省生物多様性のための30by30アライアンスに賛同・参加しています。

レンゴー株式会社

・森林資源である木材を利用した事業を営むにあたり、原料である木材パルプの調達においては、「木材パルプの調達方針」を定め、持続可能性が確認された木材を原料とするパルプを調達しています。工場ではFSC森林認証(COC認証)を取得し、FSC森林認...

【 該当件数:77件 】

1 7 8 9

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)