森林・土地利用・農業等の自然環境を対象とした取り組み

森林などの自然環境には、CO2を吸収する働きがあります。こうした自然環境を適正に利用し管理することは、CO2排出の削減に効果を発揮します。森林減少の防止や土地利用の変化、また農業の工夫などを通じて直接的にCO2排出量の削減に貢献するほか、事業活動に必要な製品の調達を、自然環境を減少・破壊させない方法に変えることで間接的に貢献することもできます。

滋賀県

○森林や農業等で下記のような取組を進めています。 ・森林のもつ多面的機能が発揮できる森林整備 ・滋賀県森林CO2吸収量認証制度の実施 ・カーボンオフセットの取組支援 ・県産木材を利用した公共建築物の整備 ・県産家畜飼料の利用拡大 ・県産農畜...

しずおか焼津信用金庫

しずおか焼津信用金庫は、2010年度より静岡市葵区にある里山(谷津山)において、放置竹林の整備活動を実施しており、自然環境の適切な保全を行っています。

公益財団法人 自然エネルギー財団

自然エネルギーの立地や利用に関連して、森林の維持保全、土地利用、農業との共生が推進されるよう、調査研究を行い、提言を行っています。 自然エネルギー活用レポート 持続可能な太陽光発電拡大のために

一般社団法人 持続可能な森林フォーラム

森林づくり・木材利用の推進が二酸化炭素の吸収量や固定量にどのように関係あるか、具体的な情報提供を体系的にしています。例えば、汚染者負担の原則によるカーボンプライジグ(炭素価格付け)が市場に与える影響-(2020/12/14)、2050カーボ...

ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社

木質バイオマス発電では、国内近隣で回収した建設リサイクル材や森林の間伐材のみを原料とし、森林資源の循環活用、山林の整備に寄与しています。

NPO法人 循環型社会研究会

間伐・植林等森林の保全に関するフィールドワークの開催、森林等自然を守り、活かすエココミュニティ形成の調査研究に取り組んでいます。

湘南・省エネネットワーキング

大気中の二酸化炭素の吸収源である森林が土地利用の変化などにより減少しています。 森などの自然環境については、緑地の確保、緑化の推進など自然環境との共生社会を目指して取り組んでいます。 また家庭での緑化対策として、中学校・高校生向けにグリーン...

シン・エナジー株式会社

地域の未利用材や間伐材などの林地残材を活用した2MW以内の木質バイオマス発電を行っています。 また、発電の際の熱エネルギーを有効活用するため農業利用や温浴施設への供給などを進めています。

住友ゴム工業株式会社

当社では、CSR活動ガイドラインの一つに「Green」(緑化)を掲げて、国内外の各事業所や周辺地域の緑化活動を推進しています。2009年度に、国内・海外事業所で植樹活動を開始しました。現在では2019年末で累計174.5万本の植樹を達成しま...

【 該当件数:80件 】

1 3 4 5 6 7 9

参加申し込みフォームに入力して送信してください。
代表者名を誰にするかは参加企業、自治体・団体のご判断におまかせします。

ウェブからのお申込みができない場合は、参加申込書(別紙ワードファイル)に記入して、事務局あてにメールでお送りください。

●参加申し込みはこちらへ

参加申し込みフォーム

●メールでのお申し込み(参加申込書を記入して送信)

メールアドレス:office@japanclimate.org

ダウンロード:参加申込書(jci_registration.docx)