取り組みの概要

サステナビリティビジョン
「人」と「企業」と「地域」とをつなぐ「最適なコミュニケーション」を、お客様や事業パートナーと共創し、持続的でよりよい社会の実現に貢献します。

基本理念
行政、企業、学術を中心に各種イベント・コンベンションの企画立案・斡旋・実施及び市場調査事業において、常に地球環境の保全に配慮します。
また、循環型社会形成の推進を経営の柱の1つとして積極的に取り組み、地域社会に貢献していきます。

JCDサステナビリティはこちら

気候変動対策の短中長期の目標

環境負荷削減に向けて、以下の目標を定め実行しています。
①2025年度までに自社が排出するCO₂排出量の実質ゼロ達成(スコープ1、2)
②2050年度までに事業活動全体でカーボンニュートラル達成(スコープ1、2に加えスコープ3含む)

エネルギー効率の向上

省エネ機器の選定・利用促進や、オフィス環境改善活動の実施などを通じて省エネルギー活動の推進をしています。

温室効果ガス削減に関するその他の取り組み

企業・団体様が会議やイベント等(MICE )を実施する際に、その会場で使用される電気をCO2が排出されない再生可能エネルギーとみなすことができるサービスを開発しました。再生可能エネルギーの調達、実際に使用されたエネルギーが再生可能エネルギーの環境価値としてどれほどなのかを算出し、事後検証などを含めてパッケージにしています。この取り組みを通じて、企業が取り組むCSR活動やSDGs「7.エネルギーをみんなに。そしてクリーンに」「13.気候変動に具体的な対策を」のゴールに貢献し、次世代における脱炭素社会の実現を目指します。
「CO₂ゼロMICE」はこちら