2019年10月2日(水)~3日(木)の二日間、元アメリカ副大統領アル・ゴア氏が来日し、気候変動問題について学ぶトレーニングプログラム“Climate Reality Leadership Corps Training”が行なわれます。
主催は、アル・ゴア氏が立ち上げた “The Climate Reality Project*”。このプロジェクトは、気候変動がもたらす危機に向け、世界中のあらゆる人が行動を起こすことを目指し、今回のトレーニングプログラムを含む様々な活動を世界各地で展開しています。

トレーニングでは、アル・ゴア氏が直接参加者に講義。気候変動の科学から、経済・社会・環境への影響までを学びながら、私たちにできることを考えていきます。これまでのトレーニング修了者は世界150か国以上で約2万人のネットワークになっています。

参加対象は、企業や自治体をはじめ、投資家や政府関係者、教育関係者や学生など、気候危機へのアクションを起こしたいすべての方です。
職場や地域にこの問題をもっと知らせたい、共に行動を起こす仲間を増やしたい方は、ぜひご参加ください。
申込締切は、日本時間の9月12日(木)18:00です。申込、詳細は下記のリンク先をご覧ください。

クライメート・リアリティ・リーダーシップ・コミュニティ 東京トレーニング

 

クライメート・リアリティ・プロジェクトについて

東京トレーニングの背景

 

*気候変動イニシアティブは、これまで”The Climate Reality Project”と様々な連携をしています。今回のトレーニングプログラムでもオフィシャルパートナーとして活動を応援しており、講師やモデレーターとしての登壇が予定されています。

 

関連記事:

アメリカのインターネット番組“24 Hours of Reality”にJCIが出演(気候変動イニシアティブウェブサイト)

G20に向け「サステナブルファイナンスに関する東京ダイアログ」を開催