アメリカ元副大統領のアル・ゴア氏が、世界の気候変動対策を進めるために立ち上げたプロジェクト“The Climate Reality Project”が制作する、世界各地の気候変動の現状をインターネット上で放送する24時間番組“24 Hours of Reality”が、日本時間12月4日(火)午前11時から翌午前11時にかけて放送されます。

日本時間12月4日(火)午後3時から午後4は、“JAPAN-THE BUSINESS OF CHANGE”(日本‐ビジネスの変革)というテーマで、日本企業の取り組みが取り上げられるほか、末吉竹二郎代表呼びかけ人(国連環境計画 金融イニシアティブ特別顧問)が生出演する予定です。

8年目となる今年の番組テーマは“Protect our Planet, Protect Ourselves”(私たちの惑星を守ろう、私たち自身を守ろう)で、気候変動による影響が世界でいかに人々の健康に影響を与えているかを探る内容となっています。日本以外にも、欧米、アジア、アフリカなどの世界中の国々における気候変動の課題や対策の現状が放送される予定です。

 

※番組は終了しました。アーカイブ映像が公開され次第、このページでご案内します。

 

 

  • 番組紹介ビデオ(YouTube内)