取り組みの概要

Federated Hermes EOSは 世界の上場企業のESG関連の企業およびパブリックポリシーに関するエンゲージメントを実施しているサービス会社です。
日本での活動は、常駐顧問 白井さゆり (慶応義塾大学総合政策学部教授)が担っています。

気候変動対策の短中長期の目標

パリ協定と整合的なGHGおよびCO2の削減(絶対量、原単位)に関する情報開示と長期目標の設定の必要性について企業とのエンゲージメントを通じてお話しています。また政府との対話をとうして政策の改善や企業の情報開示の改善について議論しております。

再生可能エネルギー利用の推進

企業とのエンゲージメントで再生可能エネルギーの使用電力に占める割合の向上と目標の設定と情報開示をよびかけています。政府には再生可能エネルギーへの依存度を高める諸政策について議論をしています。

エネルギー効率の向上

企業とのエンゲージメントのなかで排出量の目標の設定と情報開示についての議論を通じてエネルギー効率の改善をはたきかけています。またカーボンプライシングの観点から投資案件に対する検討をする必要性をお伝えしております。

スコープ3を対象とした取り組み

金融機関に対しては国際的要請に沿って、資産ポートフォリオについて化石燃料に対するExposureを開示し、目標設定をしていくことを呼び掛けています。事業会社に対してはサプライヤーとの対話を通じて排出量の削減を目的とした働きかけと情報開示をもとめております。

温室効果ガス削減に関するその他の取り組み

TCFD提言にそった気候変動リスクのシナリオ分析について、財務への影響の推計の仕方、シナリオの妥当性、結果の妥当性などについて議論をおこなっております。

森林・土地利用・農業等の自然環境を対象とした取り組み

企業とのエンゲージメントで、パームオイルの森林伐採への影響を重視し、トレーサビリティおよび認証の割合について100%目標を設定されるように働きかけています。また、プラスチックもバイオプラスチックの比率を増やしたり、再利用をはたらきかけ、目標の設定と情報開示をよびかけております。

気候変動に関する情報開示の推進

企業の皆さまがサステイナビリティレポートを発表するようになっていることは歓迎されますが、内容にばらつきがあり比較が難しいことを懸念しております。企業には少なくもGHGまたはCO2の排出について分かりやすい情報開示をご提案しております。また、政府などとも情報開示の改善や標準化の重要性について議論をしております。また金融機関は、将来的にNGFSにもとづくストレステストが実施される見込みから、そうした観点からも対話をしております。

市民の気候変動への理解・行動を促す取り組み

機会があればメディアなどへ、世界や日本の現状について解説していきたいと存じます。すでに2020年に日本のラジオやテレビで、ESG投資、気候変動リスクに関する銀行のストレステストについて解説しています。大学でもESG投資・経営について扱っております。海外向けにも、英語でも寄稿などで通じて執筆していきたいと考えております。

適応対策およびレジリエンスの向上

シナリオ分析の充実やインターナルカーボンプライシングの実施などを呼び掛けております

金融を通じた取り組み

日本ではグリーンボンド発行額はまだ限定的です。グリーンローンの定義も不明なため適切な情報開示のためには改善が必要に思われます。市場の発達のためには、政府のエネルギー政策の見直しなども必要だと思われ、エンゲージメントを通じて可能な限りこの問題の改善にとりくんでいきたいとおもっております

このような協働を求めています

まずは気候変動リスクへの対応として政府との対話を増やしていく必要があると思います。また、企業間で情報開示についてある程度の標準化ができるよう議論を深めることが重要におもいます。またパリ協定に関するNDCについて企業間の議論を深める必要があると思います。地方自治体の連携、企業との協力などが必要だと思います。